Atatan Graphics

ここここここにあったコンテンツを継承し、絵画・写真、そして主に3DCGについて地味にやっていくという場所です。

2013年05月

先日ここで新規に買ったReality。さらに新規購入したのを見透かしているかのようにその後メールの返事が来たが当然無視。
で今回は、Reality 3.0 for Poserが出来たのでただでダウンロードできるよと連絡来たのでやってみた。確かにその時に買ったシリアルナンバーでうまくいって無事にPoser Pro 2014にインストールしたのだが。
いつものことだよ
なんかこのレジストレーション画面で全部の項目を入力しても、登録ボタンがグレーになったまま。
相変わらずのReality Qualityだな。レジストに関してはいつもこれだよ。
とまあ、またまたメールで問い合わせ中で、ここで中断。   

---

はい、進展ありましたよ。
結局、タダでダウンロードできるのには嘘偽りは無く、ダウンロードしたものを使うためにはアップグレード料金が必要ww(^O^)/というお決まりの展開。
まあ考えたら負けwということで素直にカネを払う。

しかし真面目に見てみると、Realityのマニュアルってすごい!と。真面目に全部読みこなしたら相当勉強になるだろう。今日のところは時間もないのでざっとやってみるだけにするけど。
reality_scene
これが結果。
一応ようやく手順通りにレンダリング出来た。あと、パスの場所がイヤだったので少し自分で変更した。

う~ん。デフォルトのままだとこんな感じ。
DAZ Studioだと暗黒の宇宙が背景になるのに、Poserだとなんとも不可解な背景。 大マゼラン星雲へ向けてワープ中の画像?な感じ。(´∀`*)

とにかく奥が深いソフトであることだけはよくわかった。  

恐れ多くもPoser Pro 2014を既にゲット。昔とっくにマスターしておくべきノウハウを全然マスターしてないのにメイン機能に惹かれてポチッた。
Miki2-fix 001
まずはこのように、いつものMiki2ポーズをレンダリングするところまでは成功。
でもなんか、レンダリング結果の空のところがpng形式でやると透明で出てくるのね。
2012とか持ってる人には既に常識なのか?まあいいや。
001 最初
そして、一番気になっているメイン機能を試す。
そう、Miki2に他の服をちゃんと着せられるのか?という話。

まずこれは、よりによってCookie!のビキニをMiki2にConform toしてみたところ。まあこんな感じだ。
002 New
まず最初に、そのConform toをはずしてFittingルームに入り、Sessionのところでnewを押す。
とりあえず今回はこのように、全部Zero figureオンにしておく。
003 手で合わせる
このように赤で描いたところをいじって、手でしこしこ合わせこむ。赤矢印のように、_○○_という部品名になっていないと、調整が効かないみたいだ。理由は知らない。
004 ご本体に
そしてFitをやって、終わったらCreate Figureを押す。Spawn PropだとあとでConform toできない。
Transfer Figureと聞いてくるがよくわかんないので、Miki2ご本体を指定。
005 Poseルーム戻りPoseルームに戻る。このようにBikini TopのVisibleをはずす。
006 Miki2 with Cookie Bikini 001
そしてさっき自分で作ったBikini Top_Miki2をConform toご本体にすればこのようにうまくいく。これがレンダリング結果。
ちなみに、Fitのところのパラメーター、SmoothでもTightenでも結果は変わんなかった。

というわけで、
Cookie!ビキニをMiki2に着せるのは成功した

------------
007 ダメな例とZero取り
次は、体の線にピッタリとしたV4 BodysuitをMiki2に着せる実験。実はこの絵はダメな例。
ポイントは、Fittingルームに入る前にPoseルームで位置合わせしておく。Fittingルームに入ってNewやるときにZero Figureはずしておく。の2点だ。
008 準備完了
Fittingルームに入る前にPoseルームで位置合わせをし終わった状態。
ここまでやれば準備は完了だ。
Fittingルームに行って同じような方法でFitを行う。
009 Fit後
そして無事Fitが終わり、もう一度Poseルームに戻ったところ。
このように、Zeroポーズ状態ではかなり完璧だ。
010 Pose後
しかし、このように、
ご本体にポーズを付けてみると、見事に破綻。

やはりボーン構造が違うフィギュアにFitを適用しても無理があるのか??
でも、Poserのマニュアルを見るとp.571-のようにMiki4にV4の服を着せる話が載ってるから一応可能なはずなのだが?
やはりやり方がどこかまずいのか??
011 Miki2 with V4Bodysuits
これがそのレンダリング結果。
破綻してるのは腕だけではなく、腹の部分も破れていてNGである。
マニュアルp.574のように、Sessionをやるときに、服側はZero figureオフ、Miki2側はZero figureオンでもやってみたがどっちにしても結果は同じだった。

結局今日のところは、
この機能はいいようで、実用にはかなり難がある・・・
という個人的感想

(言うまでもなく、出来る人がちゃんとやれば一発で完璧に出来る可能性も多々あるわけだが~(´∀`) )
但し、Cookie!のビキニが一発でMiki2に着せられるというだけでも驚愕の機能だとは思うけれど。

Miki2 import 001ものすごく久しぶりにVueをいじった。
もう操作方法忘れてるレベル。で、少し前にやったDAZ Studioからobj形式でExportして、それをVueでImportするテスト。このように.mtlファイルの情報も正常に受け渡し出来ているみたいだ。 
もう言うまでもなく、屋外シーンに関してはVueの表現力は圧倒的
これを一回思い出したらやはりVueは止められない。まだまだ忘れ去ってることが多いので、少しずつリハビリをしていかないと・・・ですね。

2
Mayuka Yukata 001
Mayukaさんに浴衣を着せて日本家屋に正座させてみたものの・・・
このように浴衣に正座モーフが見当たらないのでD-Formで少しいじってみたけれど、そもそも、日本家屋の座標が原点からかなりずれているのでMayukaさんをそのずれた座標に持ってきてからいじろうとしたらNGでダメ。
→ 相対座標でいじる方法があるはずなのだがDAZ Studioそこまで理解してないのでわからないのでそのままやった。
 
もういじりにくくてどうしようもない&D-Formそこまで細かくいじるスキルも無い。という展開で、せいぜいこの程度。やはり、ちょっと凝ったことをやろうとすると途端に難しくなりますね~。
PoserとかDAZ Studioはそういうソフト・・・という気もするけど・・・('A`)

Mayuka DM_FSexyPose 001-Uber-DistLight
美人だけど笑わせるのが難しい??Mayukaさんを笑わせてみた。ポーズは他のキャラクター用のSexyポーズ集から拝借。
いろいろとモーフをいじってみて、目から口から・・・程よく笑わせてみる練習。
照明はUberEnv..+DistantLight、レンダリングは3Delightという組み合わせだ。 
ポーズも表情も照明もレンダラーも、最適解を瞬時に決定できるようになるのが、ある意味3DCGのモデリング以外の全分野での実力ということになるのだろう。奥が深いものだな~。

<追加>
Mayuka DM_FSexyPose 001-RingOfLight
Ring Of Lightでもやってみた。
この感じもまた捨てがたいものがあるな。
こうなることを瞬時に予測して勘で的確に決定するみたいな、映画監督みたいになるとかっこいいだろうな・・・とか思った。
画像はこういうのだけど、結構真面目な文章書いてますね今回は、珍しく。www (^O^)/

Reby Sky 001-Uber
Reby SkyはV5対応のも出たみたいだけど、今やってみたのは前に買ったV4の方だ。V4-Eliteテクスチャ・シリーズの超リアル路線のキャラクター。

はじめにRing Of Lightでやってみたら今一だった。こういうリアル系にはあまり相性が良くないみたい。
ならばということで、こういう場合に最適と思われるUberEnv...でやったのがこれだ。期待通りの出来栄えと言えるだろう。
Reby Sky-realityReby Sky - Luxus
一方この2つは、左はReality, 右はLuxus。いずれも今一感があるな~。暗黒の宇宙の背景を避けるためにバックに青い平面を置いたのがマズかったか?確かに肌の色も青かぶりが強くなってしまった。
Reality, Luxusともにレンダーは同じなのでやはりRealな照明の状況までもがシビアに出るという観点からして、照明の素人さ加減が出てしまっているのだろう。
本当にこのあたりまで来ると、実際のモデルに照明を自分で考えて当ててカメラでポートレートを撮るのと同じ次元のセンスが要求される。
このブログの趣旨も、3DCGに限定してない意味?がわりと自分勝手に納得するみたいな感じですよ。w 

2
Miki3 Catwalk
やはり前に買ったMiki3を出してみた。
まずは、Poser.exeのある位置をおせっかいにもインストール時に点検するというインストーラーのいやらしさに閉口。
で、Miki3の顔がこのように、別に美人である必要はないのだが、全然いぢりたくならないような雰囲気が漂っている。(これは言葉で表現できる次元ではないですよね~。)(某所のマテリアルものっぺらで今一だし。w)
さらにひどいのは、この絵のように、デフォルト服を着せてデフォルトのポーズをさせただけなのに、しかもちゃんとNo-nipples,No-gensを確認したのに乳首はみ出しまくり&パンツしわ出来まくりという完成度の低さ。 

これはひどい。 

としかいいようのない有様だ。
(それともPoserでいじればそれなりにちゃんとなるのか?)
一般世間的にもMiki3は不評だったらしいけど、納得のひどい完成度のキャラクターだな。
そういえば、ご無沙汰してたのもあって、Miki4はまだ買ってないと思う。なんか余程安売りにならないと買う気が失せるですな~。
Poser 10 & Poser Pro 2014完成度大丈夫なんだろうな???と言いたくなる雰囲気
www(´∀`*)
まあ、日本人しか買わないMiki3と違って、ご本体に手を抜くことはあり得ないはずだが・・・ 


<追記2013.5.23>
Miki3 001
Poser Pro 2014を買ったので、それでMiki3を普通にレンダリング。

さすがはご本家だけあって、腹のところの変な線は出ていない。
まあでも、キャラクター的には同じだけど~。

本来ならばPoser Pro 2014ならではの高品位なレンダリングで出すべきなのだろうが、まだそこまでいじり切っていないので今日はここまで。

Staci 001-RingOfLight
やはり前に買ってあったStaci
 sassy, vivacious, fun-loving personality  ってわざわざ書いてあるところが楽しいwけど、どっちかというと個人的には
「いじられキャラ」な印象。(´∀`*)
なんというか、Miki2アニメ&アメリカ人版みたいな。(^O^)/ 

技術的なことで疲れなくてそういうノリで遊ぶのは楽しい。
で、そういう目的にはRing Of Lightがいいなと実感。
これもそうですよ。お手軽なのにこれだけの効果と、
レンダリング・コストパフォーマンス(今作った造語(^O^)/)の高さは一押しですよ。 

ShaderTest20130518DAZ Studio 4.6になってから、SSSがウリだというのでSubsurface Scattering Shadersをまとめ買い&まとめテストしてみた。
どれもAge of Armourが出しているセットなので、そのディレクトリにまとまってインストールされている。
モノは、Subsurface Gummy & Plastic ShadersSubsurface Toon Shadersだ。
この絵は全部うまくいった絵だが、こうなるまでにはまたまた紆余曲折があった。w 
まずは、どういうわけかSubsurface Shader Baseを買い忘れていたことに今更気づくという。w(^O^)/
で、ようやくそれを入れてからテストに取り掛かる。
一番上の球がGummy、下の球がShiny Plasticだ。
レンダラーは今までの経緯から、デフォルトのノーマルの3Delightに限るということにしたよ。
あと、ライトはRing of Light採用ですよ。3Delightには相性も効果もいいと思う。

この2つの球体までは一応うまくいった。
問題は最後のToon Shader。まず、やはり球でやってみたり、Cookie!やMiki2でやってもだめ・・・って、よく説明読めばわかるじゃん。Bring your anime styled Genesis characters とはっきり書いてあるという。(^O^)/ もう愚かな衆生モード出まくり~。 
ようやくそれに気づいたのが大体3時間くらいいじった後。 まあGenesisにしてからはこのようにうまくいったからよかったけど。あと、元がBasic Femaleというつまんない大雑把な人体だし、Toonレンダなので隠すところは隠してないけどまあいいよね。 効果が解りやすいし。 

本当にデフォルト設定で使うだけでもアップアップだということが如実にわかる顛末ですよ毎回。
(^-^) 

なんかいろいろありまくり。まずは、またまたお世話になって、今流行りの?Luxusを買ってみた。
まずはここでやったのと同じ条件でMiki2をLuxusでレンダリングしてみる。 つまり、RealityとLuxusの比較をしてみようというわけだ。
LuxusでやったMiki2
これがその結果。前のRealityのときと見比べればわかる通り、Realityのときは地面の大理石とかを気を利かせてくれて材質設定を自動でRealityがやってくれたので綺麗になってるが、その代わり髪の毛まで光沢設定?されたみたいで不自然に青く光っていた。
今回のLuxusの場合はそれらが全くない。良く言えば素直。悪く言えばサービスが悪い。www
当然ながら本来ならば、RealityもLuxusもちゃんと機能を完璧に理解してからそれぞれ使いこなすのが筋なんだろうけど、要するにデフォルト設定だけで使う段階でもアップアップな愚かな衆生は、そういうふうに
Reality --- フルサービス
Luxus --- セルフサービス
のガソリンスタンドみたいなもの。(^∀^) という解釈?で世の中を渡るのが妥当?
みたいな感じかも~ 

----

で、まだあるのよ。
前にやったRealityでCookie!をやってみたのと全く同じ条件でLuxusに変えてみると~
 Luxusでこの前のReality-Cookie!
あああ なんという・・・?
全く原因不明の黒い影が髪の毛にかかっているという・・・
この世のものとは思えない魑魅魍魎が現れた。w
やはり、LuxusにしろRealityにしろ他のレンダラーにしろ、

医者に行って薬もらったら、他の薬は飲んじゃダメ
    
    混ぜるな危険
 
という感じの名言集?出まくりですな~。(;´Д`)

このページのトップヘ