Atatan Graphics

ここここここにあったコンテンツを継承し、絵画・写真、そして主に3DCGについて地味にやっていくという場所です。

2013年06月

5
V6を買うと、買った日以降タダで毎日一つずつブツをあげるよという企画がある。
いろいろ問題はあり過ぎだったものの、一応V6を買ったのでこの企画に付き合ってみたのだが・・・
やはりDAZ
これが今日のブツ。
ご覧のとおり、login済み & Cartの中はゼロ な状態でこのブツをAdd to Cartしてみると~
この赤字のように、なんか
既に入ってるとか言われて入れられない。 
つまり、この企画に付き合ってみても、実際にタダでブツを貰うのは不可能な状態になっているという。

こういうのって、実際にカネは動いてないから詐欺にはならないのか??
精神的には100%詐欺だと思うけれど。??? 

まあいいや。 こういう事実の積み重ねが万人のDAZに対する印象を形成していくわけで、挙句の果てそれが閾値を超えると・・・・言わずもがなの結末が待っているというのが普遍の真理ですよ。
そのあたりのことを理解してないんだろうな~金儲けに目が眩んでいると。 

とりあえず、My SubscriptionsにあるPlatinum Club Annual MembershipはCancelしておいたよ。 こんな状態で自動更新なんかあり得ないだろう。
 

2
これの続き。
再インストールしても変わらず
DAZ Studio 4.6 (win64bit)をアンインストールした後で再インストール。
そしてV4.2をロードした後、このようなOlympiaのAsianPantyをLoadしてみたところ。
どうも、V4.2のスクリプト実行時にエラーが出てるみたいですね。とりあえずAsianPantyは正常みたいな・・・ 
V6でもダメ
お次は、V6をロードして全く同じ服をLoadしたところ。
やはり何も起こらないのも前と変わらず。
ログをみてもなんかわかなんないけど、V6の時点でWarningが出てる模様。 
う~ん。
 今のところ、それ以上なんとも言えないですな~。 (;´Д`)

しばらく静観か?DAZ Studio 4.7まで待つ?か??? 

5
これの続き。なんと珍しく、SmithMicroから速攻で返事。

The Miki 4 Installer only works on Poser 9 and Poser Pro 2012. An updated installer will be available soon for Poser 10 and Poser Pro 2014 (maybe as early as this coming week.) 


(´∀`*) (´∀`*) (´∀`*) 

まずはPoser 9 and Poser Pro 2012だけに対応するように作ってたという稚拙さに爆笑。
次に、Poser 10 and Poser Pro 2014、発売してから大分経つよね~。
しかも、Miki4の購入ページはPoser Pro 2014のシリアルナンバーに対応済みなことと矛盾しまくってるんですけど。

唯一良い?のは、soonの期限が一応カッコ内で示されていること。
あまり期待してませんが・・・ (^O^)/ 


(2013.7.1追記)
待ってたら、「返事無いから解決したということでいいよね?」みたいなメールが来た。馬鹿かよ。w
やはり SmithMicro  糞だったな。(^O^)/
ちゃんと解決したファイルを送れ・・・みたいな返事を書いておいたけど、全然期待できないなこれは。(´∀`*) 

割りとこう、欧米人の作った3DCG関連ソフトって、マトモに動かない製品が半分くらいは平気であるから、それを勘案して、実際に表示されている価格のほぼ2倍コストがかかるwと思ってたほうが正確な気が。

良い悪いではなくて、事実認識としてそうだな。という状態ですね。 

1
どいつもこいつもContentParadiseの割引クーポンが来たので、この機会にMiki4を買った。Poser Pro 2014を買ってあるので、そのシリアル・コードを入れるとOKとなって、チェックに通って普通に購入できる。 だがしかし・・・
いざ、Miki4.exeをダブルクリックしてインストール開始すると、Poserの場所を聞いてくるのだが、明らかにちゃんとPoser Pro 2014の場所を指定しても、文句言ってきてインストールできないという顛末。 
なんかこう、【馬鹿かよw】 な次元の現象ですな。
Smith Micro何考えんてんだよ?みたいな。 

まあ手順としてはまたまたこっちのサポートに聞いてみるのが筋なのでそうするけど、ちょっと今後の身の振り方を考えるに値する出来事だったり~。(´∀`)

まあいいや。$15.99捨てたと思えばいいだけのことか??? 

なんかこう、Miki3が今一とかの記事を前に書いたけれど、Miki4はもっとサイテーだwwwみたいな。(^O^)/ 

とりあえず、ここのURL付きでサポートにメール出しておいた。
どうも、DAZもSmithMicroも、サポートがマトモに返答してこない予感。
まあその時はその時よ。( ´_ゝ`)ノ 

1
こんどは服ですよw
一難去ってまた一難、ぶっちゃけありえない・・・♪ (^O^)/

ということで・・・ 
今度は、V6を立ち上げてみたし、カネかけてVictoria 4 for Genesis 2 Femaleも買っているので試してみるか・・・ということでやってみたわけですが、

まずはこの、左の赤の矢印の通り、V4用の服をダブルクリックしてもAuto-Fit Toolが起動せずに、ただ合わないままで着せてしまうのが一点。

さらには、右の緑の矢印の通り、Content Libraryの、V4-Clothing-Olympiaというルートを辿って例えばこのビキニを着せようとしても、ダブルクリックしても右クリックでLoadとかしてみても、全く無反応で着せるのが不可能な点。


というわけで、 一難去ってまた難 だったよ。w ぶっちゃけありえないの2乗、でんでん。(´∀`)

あ、参考にさせていただいたサイト様はこちらこちらですよ~。ありがとうございます。 

5
V6 早速エラーでNG
Victoria 6が出たというので早速買って、なんかモーフがないと怒られるのでGenesis 2のBody and Head Morphも買ってみたものの、DAZ Studio 4.6はこのようにのたまう。
あまりの馬鹿馬鹿しさに放置?とも思ったけど、カネ払ったのでもったいないので正当なルートでサポートに質問中。
まあね~ こういうところは数年前と何ら進歩がみられないのもDAZクオリティー

技術は進歩しても人間は不変 というのは
世界中どこでも共通みたいですね。(´∀`*)

たとえ不満足な結果になろうとも、それはそれで今後DAZに散財するのはヤメになるだけで、経験のうちということになるかも。まあでも、随分と高い授業料をいろいろと払ってるわけだが・・・・・
(*´ェ`*) 


(2013.6.22追記)
もう完全にお世話になりっぱなしの神サイト様の記述を確認してみると、 すでに『Genesis 2 Female Starter Essentials』がダウンロードできるようになっています。という重要なメッセージが。
Install Managerを探してみると、いつの間にかあるみたい。たぶん、SortがOrder Dateになってると出てこなかったのかも?Download Dateにしておくと幸せになれるのかもしれない。やってみると・・・

見事に一発で解決。    

DAZサポートからは、自動返信?なメッセージが1通来ただけというafoな状態であるのだが、そんな最低なDAZサポートとは雲泥の差。少しは見習えよDAZ・・・という感じ。

毎度ながら、ありがとうございます。  

5
重要なので自分用メモ。
一連の問題の原因がわかり自己解決したので自分用メモに残しておく。

まず、Vue 8Jは、objファイルインポートの際にmtlファイルは読めるものの、mtlファイルに絶対パスが含まれているとそれを参照できない。これは別に日本語パスが含まれていなくても同じ。理由は不明。

一方、DAZ Studioは、ver 4.5では多分デフォルト設定でエクスポートするとMapフォルダを作成していていたみたいだが、ver 4.6になってから、デフォルトではそれを作成しないように変更になった模様。多分それが、このブログで前回はうまくいったけど今回はうまくいかない理由。
これだ!
従って、現実的解決策は、このように、DAZ Studio 4.6でのobjエクスポート時に、デフォルトではNo MapsになっているのをCollect Mapsに変更する

つまり、常にMapフォルダを一緒に同じ場所に作成するようにする。
そうすればこのように、Vueでもちゃんとうまくレンダリングされる。
obj問題解決
当然ながら、DAZ Studio 4.6 単体ではNo Mapsでも何ら問題は無い。No Mapsでobjエクスポートして、それをもう一回自分自身(DAZ Studio)で読み込んでも当然正常に処理される。

続き。
あるのに・・・
Vueを立ち上げて、objファイルを読み込むとこのようなエラーが出る。
でも実際にこの場所にファイルはちゃんと存在している

ということは、mtlファイルはVueにはちゃんと読まれているのだが、その後Vueがそのファイルを参照しようとするときになぜか存在しないと解釈しているのが原因なのかもしれない。

ではなぜ、前回ちゃんと出来たのか?は不明。再インストールが必要なのか?それともやたら不安定で再現性に欠けるソフトなのか?

まあ、Vue 8 日本語版だし

もうこの時代に「8」だというのと、使ってるPCがWindows 8 64bitだというのと、どうせ日本語版wというのとが相互に関連しているのかもしれない。
ちなみに、デスクトップにobjファイルを置くと、「デスクトップ」という2バイト文字フォルダ名になる危険があるので、Cドライブ直下に000なんていうフォルダを作ってそこにobjファイルを置く実験も既にやってみたが変わらなかった。


もう2013年にもなってサポートに問い合わせてもVue 8 というだけでマトモに扱われないだろうし、やはりカネで解決するのが唯一の解なのかも?

日本語版のVue 10を買うか、英語版のVue 11を買うというのが正解なのか???
世の中カネだよ。w 当たり前だけど・・・というのが結論か????(^O^)/ 

Mapsこれは、このときにうまくいった場合に出来ていたファイルを示したもの。
このように、なぜか自動的にMaps / ConvertedMapsというフォルダーが作られている。
それに対して今回は、これが全く作られていない。で、いきなりテクスチャーがないとか聞いてきたりする。
原因はDAZ Studioではなく、Vue側にあることがほぼ確定された。 
しかし、なぜ前回自動的にこのフォルダーが作られてちゃんとうまくいったのかは不明。
本当に謎の多いソフトだこと。 

↑このページのトップヘ