Atatan Graphics

ここここここにあったコンテンツを継承し、絵画・写真、そして主に3DCGについて地味にやっていくという場所です。

カテゴリ: Blender

ここでやった方法で、Blenderで作業をしようとしてみる。
作業途中
まあこの絵が、その途中経過であるものの、要するにいろいろと難があるんですよ。
まず、Shadeの時よりもマシな点としては、ちゃんと鏡面コピーが出来たのとか、一応UVを貼ってみる実験が出来たとかあるんですが、でも、なにしろ環境が違いすぎてかなり無理があるのも事実。

1. Blenderではポリゴンは両面表示がデフォルト。メタセコとは全く逆。なので、こういうふうに下絵の上に球を作ってなぞろうとしても、裏面ポリゴンが邪魔してNGなことになってしまう。 

2. UV展開でUnwrapとかいじってみたものの、メタセコでいう平面投影がどうも出来なくて、テクスチャを一旦貼ってから頂点を動かすと、一緒に絵も動いてしまうので、全然目印として使えない。 

3. メタセコで言う「前面」選択と、Blenderの前面選択は概念が違い、Blenderでは少しでも穴があってその奥にポリゴンが存在すると、その奥の方が選択されてしまう。

というのがとりあえずぶつかっている壁。
なので、この絵のように、テクスチャ張りではなくSolidで、かつ裏面のポリゴンも見えてしまう状態で作業をすることになり、メタセコでやってた時のような快適さが完全に失われているのが現状。 

勿論、青字で書いた快適さというのは、UIの特殊さを含んでいない場合でさえというのが前提ですよ。 

----------

なので、今の段階での結論。

Blenderでは、
メタセコでやってた時のような方法で作業を行うのは不可能。

別に、どっちが良い悪いではなくて、それほどに環境が異なっているということ。
メタセコを日本語に例えると、Blenderは英語に例えられる感じで、そもそも前提となる部分が大幅に異なっているという感触。まあ、Blenderの機能の多彩さと深遠さだけは感じまくり・・・なところも、日本語と英語の喩えがぴったりな感じだけど。

p.s. あと、既に言うまでもなくBlenderで日本語パスはNG。この絵では日本語パスがあるけれど、選択するときにちゃんと文字化けしていた。このあたり、やり始めるときにちゃんと考えないといけないな。

5
前にBlenderに挑戦したころはもう7年位前だったと思うが、日本語の書籍はゼロ&日本語サイトも程度の低い(でも虚栄心だけは高いwww)のが少数&本当にUIがANOYO (^^♪だった。
しかし・・・ 2013年になった現在、日本語の初心者向けのBlender本が複数出ているという世の中になっていたとは。

なのでまずはこれを買って読んでるんですよ。

表紙の絵からしてべりーぐっどな雰囲気のこの本。
しかも、「はじめに」のところには、

Blenderは独特なユーザーインターフェースから敬遠されることも多々あるようですが、バージョン2.5xから一新され、効率的なユーザーインターフェースに改良されました。

という非常に重要な情報があるではないの。
この文の前半はまさに体験しまくったのと同じ状況。で、後半は今まで知らなかったという。ああ、なんと素晴らしい時代になったことよ、これが事実ならば。
 ↓
というわけで、これが事実かどうかをいじって調べてみようというのが今回の趣旨。

---------

はっきり言ってこの本は実に素晴らしい。BlenderのUIが特殊でも、どう特殊なのかが明確に示されているので、この本を素直に読んでその通りいじれば確実に動く。 これはすばらしいな。
これが出来ずにドツボに嵌ったのが過去からの歴史&現在でもDAZ関連ソフト。

で、まだ本の最初の方だけど、こんな感じだ。

まずはポリゴン。
ポリゴン
このように、分割して押し出したり、ナイフで切ったりとか思いのままだ。
まさにメタセコをいじってるかのような操作感で事が進む。というより、メタセコ以上の自由度だ。例えばナイフだって、メタセコでは機嫌悪くて切れないwような箇所であっても、Blenderならば自由にスパスパ切れる。

そして次は、ベジェ曲線。
ベジェ
まるでShadeをいじってるかのような操作感。今のところ自由曲面は出てこないけれど、ちょっと最初の方をかじっただけでも、メタセコとShadeの両方の要素がかなり良い雰囲気で包含されている感触。

さらに、確かに右クリックで選択とかそういうクセがものすごいソフトではあるが、一旦それに慣れればGUIの質自体は非常に高いレベルだ。 

これは文字では書けないけど実際触ってみれば納得できると思う。
というわけで、今日をもって Blenderに対する認識がほぼ180度覆った。

かなり期待できそうな予感。


(追記)
ここからはいつもの?妄想になるのだが、 BlenderのUIが特殊な理由って何だろう?
おそらく、特殊にしないと世の中に出せなかったのでは?という。 
どうせどこの会社も自社製品は特許権でガチガチに固めているはずだから、マトモなUIにすると必ずどこかの権利に抵触する・・・とか。あくまでも妄想ですよ。(^∀^)
でもいかにもありそうですよね。UIを特殊にしたのではなくて、特殊にせざるを得なかった?みたいな? 

↑このページのトップヘ