Atatan Graphics

ここここにあったコンテンツを継承し、3DCG(絵や写真も?)を地味にやっていくという場所です。こういうのもありますよ。w

カテゴリ: DAZ Studio

Blenderの公式動画が大変すばらしいので、連続視聴中。アニメーション・レンダリングのところなのだが、

bl
このように平気でMPEG4とかをサポート。音声コーデックの項もあるし。


da
一方DSは、.aviしか存在せず。今となっては時代物な性能。

これはあくまでも一例だが、一事が万事。さらに性能だけではなく、このように表示も全部日本語・・・などなど。もう明らかに時代が変わっているというのを実感

Star2.0が、ようやく少しまとまったので、次はアニメーションだ。とは言っても、aniblockを並べてみただけ。しかも、テキトーにやったので、よくみるとそれぞれのブロックの間が空いてしまっていて、その箇所動作がギクシャクしている。w
さらにこのように、・・・・NVIDIAのRTXがあるのに、レンダリング中に全然GPU使われてないじゃん。 いろいろとしょーもないな。でも、どうでもいいww
Star2.0_anime001

で、動画にしてみたのがこれだ。
手が浮き上がってるのは、たぶん、DAZ純正フィギュアとStar 2.0 との差のせいかもしれない。とにかくただaniblockを並べてみただけなのでこんなふうだ。

ここまででいろいろやってみたことを、Starオリジナルフィギュアではなく、Star 2.0でやってみる。なんといってもStar 2.0は、Genesis3フィギュアだから、もう100%DAZの領土内の世界だ。こちら。
Star2.0_Lemon_001
このように、自分でいじったモーフは綺麗に反映されていてそれをセーブでき、Lemonドレスも綺麗に着用でき、ポーズも何の問題もなく適用でき、Irayレンダリングをやっても目玉問題が発生しない

今までオリジナルフィギュアで散々苦労した問題が、全部解決されている。DAZの中だけで閉じていると、とても仕上がりも綺麗で操作も簡単で平和だ。

まあ、さっき書いた世界情勢?みたいなのを知っていると、微妙な感想ではあるものの・・・

・マニュアルインストールは絶対にするな
・DAZが構築した世界から外に出るな
・昔買った古いコンテンツは使うな


というのを遵守している限りでは、とても高度に完成された世界である。

さらにいろいろやってみた結果、Starのフィギュアのファイル、Poser用の.cr2ファイルと、DS用の.dufファイルが別にあって、それが原因だった。

まず、DSだけの世界で閉じている

.dufファイルでやってみると、自分でいじったモーフは一部だけ有効になり、poseは有効に効き、IrayのPhotorealで白目が黒くなる

Poser用の.cr2ファイルでやってみると、自分でいじったモーフは全部有効になり、poseは破綻してしまい、Irayでも白目が黒くならない

なんかもう、結局、PoserとDSとの互換性問題が根底にあるな。ズバリ汚く言えば、醜い覇権争いだ。元々、この世界はPoserが作ったもので、そこにDAZが参入し、技術的・ビジネス的にいろいろとDAZがPoserを凌駕して今に至るわけだが、ある意味DAZが市場を奪った。

良いか悪いかは各自のご判断に任せるが、まあなんというか、2021年現在の、アメリカvs中国の国際情勢をみるような。人間の本性なんて、どの世界でも同じことよ

と、こういうマイナーな3DCGの世界にも仏教的?な無常観が漂っているな~ということで。

---

※追記 DAZの本性をズバリ書いたすばらしいサイト様を発見した。今の世の中、綺麗ごとばかりで、本質的なことを言う人間は迫害される傾向にあるが、こういうサイト様は貴重な存在だ。

この前ここでやったのの続き。
Starのオリジナルフィギュアに、自作のOOT相当モーフをかけて、それにLemonドレスを着せて、全体をNVIDIAが入ってるPCでIrayレンダリングしてみた。こんな感じ。
StarOrg_noOOT_noPose_Iray_001
でも、なんかうまくポーズがかからないのよ。Star用のポーズは買ってあって、それをさっき一時的にうまくかかるのは確認したんだけど、DSのSmart Contentとかが相変わらず謎で、いろいろ思い通りにいかないうちに、ポーズをかけると破綻するようになってしまった・・・。

いろいろと奥が深いのは変わらず。皆さん何十年とかけてやるのが「普通」なのだから、そんなに甘いわけないわなこの世界は。

---

もう一回やってみたら・・・ちゃんとポーズはかかるようになった・・・けど、今度はIrayレンダリングをやると、前みたいな白目が黒くなる症状に・・・w

Star_Lemon_0601_1
こちらのサイト様にあるように、Photorealじゃなくてinteractive modeなら大丈夫だった。 Star_Lemon_0601_1
なお、こちらでは、Render SettingsのInstancing OptimizationをAutoから speedまたはmemoryにしても、Photorealでは全部ダメだった。 なんか皆さんいろいろ同じような目にあってるのね。ならばやはり、原因はDAZクオリティーだな。w なので、あんまり真剣にやらずに、ゆる~くやるのが吉だよね。

いろいろ実験してますよ。
今回は、古いオリジナルのほうのStarちゃんのファイルをDSに読み込んだ時に、Poserでは効いたOOTモーフがDSでは効かないことを再確認したあとで、ならば、自分でテキトーにモーフのパラメータをいじってそれをセーブしてみようというお題。この前、ようやくパラメータタブの位置がわかったのでwwwやっとできるようになったのよ。 これですよ。
STARorg_noOOT_DS
こんなふうに、2つ出して比較。右がオリジナルのまま、左が勝手に改造したもの。
一部のパラメータがいじってあるのがわかるようにキャプチャーしてみた。複数個所をいじって、それっぽくしてみた。OOTよりは劣るけど、無いよりはマシな感じ。

順調になってきたので、やはりバンドル品の SteamStar Outfit の服を着せてみた。
いい感じなので、ライトをちゃんと2つ用意して、レンダリング。こんな感じ。 Star2.0_001
うん、いい感じ。
次は、このPCじゃないNVIDIAが入ってるPCで、Irayをやってみるかな~??
とりあえず、今日のうちにここまで行ってめでたい。ま~、サポートに質問しちゃったけど、仕方ないねw(^^♪

※2021.6.4追記
相変わらず想定の通り、サポートからは何も返事が来ないけど(DAZクオリティーだからなw)、UEやBlenderなど、他のソフトの進歩のすごさを目の当たりにして、DAZなんかもうどうでもいいw感じだな

続いて、やはりバンドルで買った、Doll Display Stands and Poses for Star 2.0をみてみる。 画像6
こんな感じ。これもちゃんとうまく動作して安心。
お人形さんっていうかフィギュア扱いなので、台の上でポーズをとっている想定になっているけど、それぞれのポーズがかわいいからいいのではないでしょうか?
これも、ちゃんと髪と服が準備できたらまたやってみるといいと思いますよ。

髪の毛はうまくいかないので、先に、同時にバンドルで買った表情ファイルをみてみる。 Shining Starだ。 画像5
これはいい
ちゃんと一発で動作するし、表情のバリエーションが多いうえ、かわいいのが多い。
これでちゃんと髪と服を着せれば、すごくかわいい雰囲気が出そうな感じ。
今回は二重丸だな。

ようやく前回で、Starちゃんの体形がうまくいったので、こんどは一緒に買ったはずの髪の毛だ。インストールはちゃんと終了したはずなのだが、ロードしてみると・・・ 画像4



出ないよ。

大体、今度はちゃんと、一切マニュアルインストールはしてないから、100%DAZのソフトの責任。こういうところが「DAZクオリティー」なんだよな~。 ビジネスモデルが儲かってるのはよくわかったのだがwww(^^♪
---
自己解決した。ちゃんと、Star 2.0のバンドルでインストールしたのに、DIMでみるとAnnie Hairはインストールされていないのを発見したので、DIMでインストールしたら、DS上に反映されて正常に動作した。
ただ、なんで不完全にインストールされて、DS上で半端に存在することになっていたのかは不明。DAZが全自動でインストールするように設定したのはいいのだが、詰めが甘くて、その全自動の動作が不完全だったんだろうと想像する。よくありそうな事案かも。

またまたこちらのサイト様にお世話になって、Star 2.0 Stellar Bundleが欲しくなったんだけど、まともに買うのは高いし、でもPlatinum Clubに入るのはくやしいwwし・・・と悩み中だった。
ところが、今朝見てみたら値段が安くなってる。こういうわけだったのね!

というわけで、他にも、最新の人気コンテンツで安くなってるのをいろいろとまとめて買って、最終的には7割引き位の値段で買った。

まあ、時代に追いつく・・・という大義名分w?があるからな。

---

買ったのでインストールしてみたものの、DS上で現れてもダブルクリックすると「ファイルがない」と言われて開かないので、結局DSを全部クリーンインストール。その後、ちゃんとStar 2.0は開いたものの、モーフが無いので手足が細すぎるのは直らず。

なので、もう一回セール期間が終わらないうちにDAZを調べて、Genesis 3・8 のモーフを買うことにしたのだが、他の製品も買ったのでその関係で、DAZ純正のモーフが必要になりそれをみてみると・・・全く割引になっていない
そうそう、DAZは、そういう、交通の要衝にあるようなコンテンツは絶対に有料で、しかも割引はしない!というビジネスモデル。そのかわり、第3者のベンダーの製品は割引しまくりで、ユーザーにお得感を抱かせる。そしてプラチナクラブの会費は安定した定期収入源として確保というビジネスだ。

とまあ、仕方ないのでそれだけは定価で買う。8000円以上かかった。

---

8000円以上かかったモーフを適用してみると・・・・モーフが現れないじゃん
相変わらずのDAZ。なので、またサポートに質問だな。果たして返事は来るのか?

++++++

自己解決した。このように、 画像3
タブは”Parameters”を選択するとモーフが出る。今までは、デフォルトの"Posing"のタブになってた。そもそもこんなところにタブがあるなんて気付かなかったよ。
そして、沢山あるモーフの中で、STARちゃんとリアル体形にするのはここの、
"Body Size"。これを100%にすれば、いい感じになる。

3DCGを再開する前に、いろいろと考えることはあるわけで・・・

DAZ商法については散々書いたし、本質的には今も昔も変わっていない。(それがDAZの強みでもあるのだが。)一言で言うと、技術的には目を見張るものがあるものの、囲い込みがすごい。っていう。 Platinum Club に入って、安く大量にアイテムを買いまくれば、即!その道にw(^^♪

だから、DAZの言うことに違和感がなく、かつ、DAZの中だけで完結するような方向を目指す人にとっては、最良の選択だろう。

なので、それ以外のことをやろうとすると、途端にものすごい制限に遭遇する。・・・直感的にいうと、世界情勢で言えば、現在の中国とのお付き合い?みたいなものだな。

3DCGをやる目的は人それぞれだが、最終目標がレンダリング画像で、DAZstudioでレンダリングしたきれいな画像を見れば幸せ・・・な人は、DAZの中に居るのは最良だろう。

あと、ちょっと調べたけどまだやっていない方向として、CC3 (Character Creator 3)があるな。これなら、技術的にもそうだし、それ以外の点でもDAZの世界を凌駕することが可能な予感。あとはちょっとはずれるが・・・VaMの世界に浸るというのもあるかもwww

あと、それ以前に、ゼロからモデリングするのは基本なものの、これも放置して何もしてない。せっかく有料でLightWaveを買った上、過去にもたくさんチュートリアルやったのだからその方向も捨てがたい。とまあ、いろいろあるんですけどね~。果たしてどうなることやらw

OOT_BodymorphsForSTARをやってみてるのだが、ここでやったようなことが、Poser12ではできるがDAZstudioではできない状態。

ちゃんとDAZstudio上でモーフのファイルは見えるのだが、それを適用できない。パラメータが表示されない・・・

印象としては、どうもDAZって、やたら仕様変更をしまくって、最新機能ばかり増やすものの過去との互換性は今一な印象。あ、昔からそうだなwww(^^♪

--

結局、DSではあきらめた。なんていうか、最新ソフトで過去の資産を使う…ということ自体、あまり求めるのは間違ってるんだろう。最新ソフトを使って最新コンテンツを表示しないとダメだな。過去に捕らわれて現在が疎かになるのが、年寄りな証拠!なので、そういうことはほどほどにやめることにする。

とはいうものの、Poser 12は偉い。ここまでできた。Star_test001


ちゃんとモーフを適用して、かつ、OOTのビキニにもモーフが作用している。
Star会話1
水着の色指定もOKだし、STARちゃんに会話の表情をされるのもOK.
ただ、視線は、カメラ自動追尾か、右向き固定はできるのだが、左向きはできず。いろいろまだ謎が多い。 

-----------

Star Lemon 001


なんとかDSでStarちゃんを出して、Lemonのドレスを着せたところ。髪も変えてみた。
でも、OOTモーフは使えないので体や手足が細すぎ。あと、D-Formerを10年ぶり?位で使って、足が服からはみ出るのを修正したりしてみた。

でもレンダリング設定何もしてないので、目の白目のところも全部黒目になっている・・・

いろいろと奥が深すぎて、一朝一夕にはできないですよ。まあ、10年くらい放置してたものでwww総括としては、DAZstudioでは、マニュアルインストールは絶対不可やるといろいろ壊れて収拾付かなくなる。DIMやDCを使うか、DSのInstallタブを使う以外は不可!っていう感じかな~??

----

※追記、白目が黒くなる問題解決した。っていうか、悲しいことに、Irayレンダリングは使えないのよ。だって、Radeonなんだもんw。
なので、3Delightでレンダリングしたら、このように、白目がまともになった。でも、さっきもこれも、GPUを使わずにCPUでレンダリングしているのは変わらず。 Star Lemon 001
このPCはRadeonなんだが、別の場所にあるPCはRTXなので、そのPCでそのうちやってみることにする。

V4やMayukaさんがご本家のDAZ studioで、出ない件。サポートに聞いているが、少し進捗した。
まず、
Genesis 2 Female と Genesis 2 Female Starter Essentials がいるみたいである。つまり、大昔みたいにV4が直にDSで読めるのではなく、時代が変わったのでDS自体はG2フォーマットしか読めなくなって?、V4をG2に変換したのを読む感じか?

で、やってみると・・・

3
まずはこの2つをこうやってインストール。
4



次にこのように、
Victoria 4 for Genesis 2 Femaleが現れるのでそれを入れてみると・・・

このように、真っ白けで、マテリアルが一切反映されない。当然Mayukaさんも無理。但し、Poseは反映される。今はここまで。あと、ヘッドとボディモーフも追加でインストールしたら、なんか標準?っぽいマテリアルは付いたのだが、他のマテリアル(Mayukaさんも)は全然反映されず。

何年かぶりでDAZ studioが復活した。もういじりかた忘れてる上、時代も変わりまくっているが・・・まずはMiki2. Miki2_Ds


こんな感じだ。
Miki2_DS


レンダリング結果
Genesis8.1_test001

Genesis8.1もやってみた。

でも、実は、V4やMayukaさんはまだ成功していない。なぜかDS上でV4のデータが見つからなくて、ダウンロードしようとするとエラーになる・・・ので、またサポートに質問中。

V4がDSで使えなくてPoserだけで使えるwwwということになってるな~(^^

 ずっと放置…してきましたが、コロナが全然解消されず、PCも新調したもののいろいろ停滞しているので、5年ぶりにDAZ Studioをインストールしてみるか・・・ということで、久しぶりにアクセスしてダウンロードしてインストールしてみたのがこれ。
画像2
というわけで、ここで固まって、インストールすらできないんですけどwww(^^♪
5年たっても進歩ないどころか、もっと悪くなってるよね、DAZ.

まあ、あんまりかかわらないようにしようっと。。。w

そういえば、Cookieで良い印象を持った、Littlefoxさんの高いクオリティー作品。何年ぶりかでRuntimeDNAを見てみたら・・・ STARが出ていましたよ。そして、覚書さんに詳細な説明が!

ここまで見てしまうと結局買ってしまうわけでwww

まずはこのように、デフォルトのままのSTARは本当に細過ぎ。アニメキャラという設定ならこれでいいのかもしれないけど、煩悩的?にはNGなわけで。

スクリーンショット (286)


なので、ご紹介されていたRenderosityのモーフを買って適用してみると・・・
スクリーンショット (287)

確かにこれはいいや。しかも、ちゃんと胸とか大きくしても水着がそれに追従して綺麗にサイズが合ったまま。
ポーズのファイルが無いので適当なので付けて、レンダリングしてみたのがこちら。 STAR 20150921-01

気軽にこうやって楽しむという点ではとても良いのではないだろうか。

結局、Miki2だよ。w
20150914-02

多分、2年ぶり位で世の中を見てみると、DAZ Studio は4.8になっているそうな。
なので、ゆる~~~~くインストールしてレンダリングしてみた。これ。

20150914-01
スクリーンショット (285)

うん。いいじゃん。デフォルト設定で、これだけリアルに出来るし、昔みたいに固まって落ちないし。

なので、とにかく凝ったことは一切やらず、ゆる~~~く少しずついじってみる感じでやろうか?という感じ。こういうのは熱くなったらダメよ。w (^O^)/ 

どうでしょう?
抽象的な話ですけど、買い物でも趣味でも仕事でも人生の全分野ほぼそうだと思いますが、この図に書いたように、

・ A --- 絶対必要で、優先度を上げて取り組む題材。
        コスト・労力等がかかっても全力投球する対象。
・ B --- 当面必要ではないけれど、あればいいな?と思う程度の題材。
       対象物としては魅力的だが、それが本当に今の自分に必要かと
       考えるとかなり疑問符が付くような対象。
・ C --- 明らかに不要&興味なしな対象。

とすると、多分この絵のように、量的には多分正規分布みたいなグラフになると思うんですが、別にこんな絵を描かなくても、量的には A<<B<<<C なのは明白ですな。

---

明らかに、DAZ商法は、Bをあらゆる手段を使って刺激しまくる作戦。 

それが良い悪いではなくて、特にPCで○割引・・・という商法などその典型。だって、3DCGのデータなどの商品は、物理的な価格はとても付けづらい無形財産。ある意味ベンダーの気分次第でいかようにもなる性質の商品。(勿論高額な価格に相応なすばらしい商品も沢山存在する。)
もっというと、○割引という表現自体がかなり扇情的www.(^^♪

DAZから上記の「A」な商品を買う人は全くノー・プロブレムなのだが、「B」と自己認識しているのに買う場合、いろいろと人生哲学的に???なのではないだろうか。と思われるわけで。

でも別に、DAZが悪いわけではなく、はっきり言ってあらゆる保険商品とかサプリメントとか予防医学みたいなのも全部その類とも言えるわけですが。(注※ 健康診断に行ったせいで体調悪くなるな~んていうことは日常茶飯事ですね、実際。)

まあ何事も、そういう哲学的に納得の上でやる分には問題ないんでしょうけれど。(´∀`*) 

↑このページのトップヘ