Atatan Graphics

ここここここにあったコンテンツを継承し、絵画・写真、そして主に3DCGについて地味にやっていくという場所です。

タグ:人生論

もう何年かぶりで、Carraraを立ち上げる。マニュアルを読んで順番にやってみるけど、面倒くさいのでとりあえずさっき作ったTeraiYuki2のシーンをDAZ Studioでエクスポートして、obj / mtlファイルを作る。
mtlファイル読まない
そしてそのobjファイルをCarraraでインポート。 
しかし・・・mtlファイルのことを誰も聞いてくれないんですよ。w

なのでこのように、色は白のまま。 
当然ながら、マニュアルみたりとかネットで検索はしたけれど、わからずじまい。

-------

ただ、もっと根本的に考えて、果たしてCarraraって必要なの?という疑問が。 
Carraraって要するにナンデモソフトだろう。だったらShadeと同じ。あと、モデリングはメタセコでやればいいじゃん。
当然ながら、3DCGでは最終レンダリングをどうするのかが最重要
となると、屋外ではVueに敵うもの無し。屋内シーンではいろいろあるけど、事実上DAZ Studioとそれに付随するレンダラーが量・質ともに最強なのが現状。で、Poserも、Pro 2014を買ったくらいに重要度は高い。となると、わざわざCarraraを使う意味はあまり見えてこない。とりあえず必要に迫られるまでは放置!でいいんではないか?というのが真っ当な意見な気がする。 

道具ばかり揃えて、使い方わからずにアップアップ・・・・というのが一番愚の骨頂なわけで、(現状まさにその通りなわけだが・・・(;´Д`) )  
根本的に人生という観点から考え直す必要があるな~いろいろと・・・

5
aniMate2のLightの色が変わらない問題について、結局、aniMate2やaniblockの機能を全く使わないことで解決した。(^ ^)/
解決このように、
<1>aniblockは全く使用しない。
<2>タイムラインを手動で移動。 
<3>各タイムごとにライトのパラメーターをちくちく指定。
という消極的??方法だ。まあ結果的に何年間もの悩みが解決した。
いじらない&かかわらないことで回り道して解決?という、なんか人生論的?な展開であったな~。

というわけで、作ってみた動画はこちら。 
ついでに、PCを新調してから初めてmp4作成環境もインストールしなおして、かつ、動画投稿サイトを使わずに自前サイトで動画保存する体制に移行してみた。いろいろとやること多いですよ~。w 

↑このページのトップヘ