Atatan Graphics

ここここここにあったコンテンツを継承し、絵画・写真、そして主に3DCGについて地味にやっていくという場所です。

タグ:UberEnvironment2

Mayuka DM_FSexyPose 001-Uber-DistLight
美人だけど笑わせるのが難しい??Mayukaさんを笑わせてみた。ポーズは他のキャラクター用のSexyポーズ集から拝借。
いろいろとモーフをいじってみて、目から口から・・・程よく笑わせてみる練習。
照明はUberEnv..+DistantLight、レンダリングは3Delightという組み合わせだ。 
ポーズも表情も照明もレンダラーも、最適解を瞬時に決定できるようになるのが、ある意味3DCGのモデリング以外の全分野での実力ということになるのだろう。奥が深いものだな~。

<追加>
Mayuka DM_FSexyPose 001-RingOfLight
Ring Of Lightでもやってみた。
この感じもまた捨てがたいものがあるな。
こうなることを瞬時に予測して勘で的確に決定するみたいな、映画監督みたいになるとかっこいいだろうな・・・とか思った。
画像はこういうのだけど、結構真面目な文章書いてますね今回は、珍しく。www (^O^)/

Reby Sky 001-Uber
Reby SkyはV5対応のも出たみたいだけど、今やってみたのは前に買ったV4の方だ。V4-Eliteテクスチャ・シリーズの超リアル路線のキャラクター。

はじめにRing Of Lightでやってみたら今一だった。こういうリアル系にはあまり相性が良くないみたい。
ならばということで、こういう場合に最適と思われるUberEnv...でやったのがこれだ。期待通りの出来栄えと言えるだろう。
Reby Sky-realityReby Sky - Luxus
一方この2つは、左はReality, 右はLuxus。いずれも今一感があるな~。暗黒の宇宙の背景を避けるためにバックに青い平面を置いたのがマズかったか?確かに肌の色も青かぶりが強くなってしまった。
Reality, Luxusともにレンダーは同じなのでやはりRealな照明の状況までもがシビアに出るという観点からして、照明の素人さ加減が出てしまっているのだろう。
本当にこのあたりまで来ると、実際のモデルに照明を自分で考えて当ててカメラでポートレートを撮るのと同じ次元のセンスが要求される。
このブログの趣旨も、3DCGに限定してない意味?がわりと自分勝手に納得するみたいな感じですよ。w 

このページのトップヘ